トップへ戻る

下のメニューから面白そうな問題を選んでクリックしてください. 最初に「パズルの扉」に入ります.

星印の数は難易度の目安です.星の数が多いほど難しめです.







近道で帰る

最初は簡単なパズルから。でもここには、駅すぱあと等の路線検索ソフトやカーナビなどで使われている最短路アルゴリズムが潜んでいるのです。

栗を拾う

なるべく多くの栗を拾える道を進んで下さい。パズルとしては簡単ですが、実はこれはアルゴリズムの基本の一つ「動的計画法」なのです。


ヘビを折りたたむ

おもちゃのヘビを綺麗に折り畳んで下さい。やりかたを工夫しないと、部品が多くなると急激に難しくなってしまいます。

トランプを並べる

ある規則に従ってトランプを並べます。パズル自体は非常に簡単なので、小学生でも十分楽しめます。しかし...。「鳩の巣原理」が登場します。

土地を区切る

土地を分けるのですが、あまり細長い土地では役に立ちません。最近著書の一人によって論文化された最新のアルゴリズムが分かりやすく解説してあります。専門家も必見!

畳を敷く

いびつな和室に最大何枚畳を敷けるかという問題です。パズルとしても楽しめますが、その答が最小であるということの証明はどうしますか?最適性証明の王道「双対性(そうついせい)」の登場です。数学好きの高校生にオススメ。

気まぐれな神様

賭けの結果を左右できる神様があなたの味方です。しかしこの神様はちょっと意地悪なのです。神様との知恵比べに挑んで下さい。



デートの日を決める

何人かの男女が相手を代えてデートをします。最小何日でできるでしょうか?グラフ理論の基礎、二部グラフのマッチング問題です。

ケーキを分ける

子供達でケーキを分けます。みんな勝手な主張をしますが、喧嘩がおきないようにするにはどうしたら良いでしょうか?数学の国際会議でいまだに議論されている難問の入り口へどうぞ。

箱を取る

組合せゲームの王者ニムの登場です。ちょっと難しいのですが、これをマスターすれば、組合せゲーム初段免状といったところでしょうか。